【講座】お申込み受付中 『エドワード・バッチ 魂の植物』に学ぶ花と伝承と自然科学

〔日程・内容〕全て火曜日 10:30〜12:30

第1回 4/24  前書き、新たな視点で植物を知覚すること、序論(P.6-13)

第2回 5/29  1.満足できない医師、2.天命の病気 3.ホメオパシーとの出会い (P.14-23)

第3回 7/3   4.腸内フローラと花粉(P.23-30)

第4回 7/31  5.ウエールズの祖先の招き(P.31-39)

第5回 8/21  6.ケルトの遺産(P.39-51)

第6回 9/4   7.花の秘密(P.51-61)

※この講座は後期に続編を開講いたします。

〔講師〕京ヶ島弥生(有限会社フロスヴィータ代表・バッチ財団登録プラクティショナー、

バッチ国際教育プログラム認定講師)

村上志緒(トトラボ植物療法の学校 代表・薬学博士)

〔会場〕トトラボ植物療法の学校 ヴィヴォの家(最寄り駅:東横線日吉駅徒歩10分)

〔定員〕12名 ※最少遂行人数に達しない場合は開講しないことがあります。

〔お申し込み先〕E-mail: school@totolab.com/Fax: 044-387-2878

※お名前、電話番号、ご住所を明記ください。

〔受講料〕全6回一括24,000円(税込)※単回受講は、4,500円(税込)となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい講座がスタートします。
『エドワード・バッチ 魂の植物』という書籍の読書&解説講座です。
2011年10月から、これまで読書会で4回読了してきましたが、この講座では、さらにその内容に踏み込んで理解を深めていきます。

『魂の植物』は,フラワーレメディをつくったバッチ博士の道を辿るように博士の思考や世界観にふれながら,植物のこと,自然のこと,人間のこと,そしてそれら相互の関わりを感じたり考えたりするきっかけを与えてくれる本です。

この講座では,この本をテキストに,バッチ博士が選んだ植物そのものの性質や人との関わりで生まれたストーリー,それらにつながる自然科学的な観点を学び,思考を巡らし,自然療法や植物療法の実践につなげることを目的としています。

講師は、主に自然科学分野に関してはトトラボの村上志緒さんが、バッチフラワーレメディに関わる部分はフロスヴィータの京ヶ島が、それぞれ担当します。

この本は、それ以外にも神話や伝承療法、人智学、文化人類学など、広くて深い知識も詰まっており、読む側がこれまで知らなかった世界にも誘ってくれます。
参加者からの感想や意見、質問などもディスカッションできる、読書会としての機能ももちろんあります。
単発でのご参加も可能です。ぜひ一度ご参加ください。

 

イベントカレンダー

7月 2018
« 6月   8月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ピックアップコラム

  1. 2017年の6月から始めた”ハーブ香るイタリアン”。…
  2. 5セラトー #自分の直感がいちば…
  3. そう聞いていただければ、お答えできます。 でも…