【講座】「エドワードバッチ『魂の植物』」を読む会 日吉トトラボで月1回土曜に開催

pic_0036
継続的に開催している読書会、12月から曜日が変わり土曜日開催です。

単発でのご参加も大歓迎です。各月の進捗はお問合せください。
まだ読んだことがない方も、どんな本か知りたいという方も、お気軽にご参加ください。
毎回のご参加は必須ではありません。タイミングが合う時だけで結構です。
お待ちしています。お申込みは営業カレンダー下のフォームをお使い下さい。

会場 トトラボ@ヴィヴォの家

開催日
2019年12/14、2020年1/25, 2/8, 2/29, 3/14, 4/18
時間
14:30-16:30

会費
1500円(税込、お茶と小さなお菓子つき)
毎回会場で現金でお支払いください。

書籍をお持ちでない方は、事前お申込み、当日お渡しで、受講生価格でお分けできます。
お問合せください。

トトラボ講座ページ
でも、詳細のお知らせとお申込みを受け付けています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今や世界各地で作られているフラワーエッセンス。花のエネルギーを集約したとされる液体が、疲れた心を癒してくれる、安心で安全な自然療法です。

その製法をこの世に生み出したのが、イギリスのエドワード・バッチ博士(1886-1936)です。
この作り方があるおかげで、自然のままに育まれた土地に花が咲けば、どこでも作ることができるようになりました。
その恩恵を受ける人は、日本でも増えています。

でも、私たちはフラワーエッセンスを使っている中で、大きな疑問にぶつかります。

なぜ植物の中でも、花を使うのか?

なぜ太陽の光にあてることで、エネルギーを集約できるのか?

なぜ他のセラピーのようにからだではなく、心を癒すのか?

その答えは、実はフラワーエッセンスを使っていくことで自ずと得られてくるものです。
でも、それでももっと知りたい、と思う方がこの本に辿りついているのかもしれません。

読書は個人的なものだけど、みんなで読むと、不思議に楽しい。
ひとりで読むには難しいけれど、みんなで読むと、参加者同士の異なる知識を一緒に使って理解が進む。

そんな楽しい体験のためにぜひご参加ください。