【講座日程】6-8月開催・バッチフラワーレメディ [バッチ国際教育プログラム PTTレベル1] @神奈川県内

totolabo%e6%9b%b8%e7%b1%8d

2020年上期 開催予定

※講座の開催に際し、神奈川県の段階的休業要請を踏まえ募集開始いたします。
講座実施にあたりましては、同様に県、市から指示されている感染防止対策を講じてまいります。
開催前、開催中に、状況の変化があった場合は、途中からZoomを経由したリモート講座となる場合がございますことをご承知の上、お申込みください。

◎ 2時間×6回 通学制

Ⅰ 毎週金曜午前・日吉クラス
6月26日、7月3日、10日、17日、31日、8月7日(金) 10時~12時
*7月24日(祝)は休講
会場・日吉 トトラボ@VIVOの家

Ⅱ 毎週月曜夜・鎌倉クラス
7月20日、27日、8月3日、17日、24日、31日 18時30分~20時30分
*8/10(祝)は休講
会場・鎌倉VICOLO

●最低開講人数 3名
今回の開催は、会場内座席設定の関係で、最大6名様までとさせていただきます。

●受講料 40000円(税込み)
受講料のお振込につきましては開催決定後お知らせ致します。

●内容

・バッチフラワーレメディの概要
・バッチフラワーレメディの使用法
・自分自身、植物、動物に実際にどのように使えるか
・ストレス社会においてバッチフラワーはどのような助けになるか
・レスキューレメディTMとレスキュークリームTM
・バッチ博士の癒しの哲学
・事例の紹介
・トリートメントボトルの作成実習

●教材(教材費は受講料に含まれています)
・【書籍】バッチ博士の遺産
・『38種のフラワーレメディ ~感情のバランスをとる38種のフラワーレメディの使い方ガイド~』
・38種のバッチフラワーレメディ カテゴリー別早見表
・トリートメントボトル(作成実習用 使用するバッチフラワーレメディは会場にご用意してあります)

お申込みはこちらへ(カレンダー下のフォームをお使いください)

バッチ国際教育プログラムレベル1は、バッチ博士から直接継承された教え=バッチフラワーレメディを体系的に学ぶことができる世界共通のコースです。初めてフラワーエッセンスに触れる方が知っておきたい情報をわかりやすく簡潔に学ぶことができます。
フロスヴィータの京ヶ島弥生は、バッチ財団登録プラクティショナーであり、レベル1のPTTコース(2時間×6回、6時間×2日間)を開催しています。神奈川県担当PTT講師として、講師歴10年以上という豊富な経験に裏付けられた、実践的でわかりやすい講座を受講していただけます。
※PTTコースとは、プラクティショナー・ティーチャーズ・トレーニングの略です。トレーニングを受けたプラクティショナーが地元密着で認定講座を開講します。

レベル1を修了すると、その先のレベル2、レベル3の受講を選択できます。プログラムを展開している国は現在30カ国以上あり、転居、転勤などがあっても世界各地で継続受講できます。また、レベル3を修了した希望者は、英国本国で世界のプラクティショナーをマネージしているバッチ財団に、プラクティショナーとして登録することができ、世界のバッチフラワーレメディの動向をいち早く共有することができます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バッチ国際教育プログラム(BIEP)は、英国バッチセンターとネルソン社の認可を受けた日本で唯一の団体、(社)バッチホリスティック研究会が開催しています。プログラムはレベル1~3で構成されており、バッチ博士から直接継承されてきた教えを体系的に学ぶことができる世界共通のコースです。 レベル3までの全課程を修了すると、希望者はプラクティショナーとして国際登録する機会が与えられます。

BIEPのレベル1については、通学コース(2日間)と通信教育(6カ月~1年)、そして地方で開催されるPTTコース(2時間x6回)があり、PTTコースは、バッチホリスティック研究会のBIEPコーディネーターの統括のもと、特別研修を受けた講師が担当します。

バッチホリスティック研究会ホームページ

英国バッチセンターホームページ

イベントカレンダー

6月 2020
« 5月   7月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

ピックアップコラム

  1. 不安ですよねー。怖いですね。この頃よく使う言葉です。 …
  2. バッチフラワーレメディが生まれた場所、イギリスオックスフォ…
  3. 免疫アップのヒント② 腸内細菌が、脳や免疫に影響を与え…